0

iphoneの連絡先の移行方法は

iphoneの連絡先は電話をかけたり、相手の連絡先の管理に便利ですが、新しく購入したスマートフォンなどにデータを移行して引き続き使うことも可能です。
iCloudや大手キャリアのアプリ、パソコンのitunesなどの移行方法が用意されています。
新しいiphoneに移行する場合だと、この中でも簡単なのがiCloudです。
オンラインストレージ経由でデータの移行ができます。

iCloudによる移行方法の手順はこんな感じです。

移行前のiphoneとiCloudをまず同期します。
同期していなければiphoneの設定の項目からiCloudを選び、項目の中から連絡先を探し、横のスイッチをオンに切り替えておきます。
これで同期は完了です。

後は移行したいiphoneでも同じAppleIDでiCloudと同期すれば、自動的に同じ連絡先のデータを移行できます。

大手キャリアのアプリを利用すれば、iphoneからiphoneへ移行するだけでなく、Android系のスマートフォンからiphoneへ連絡先を移行することも可能です。
その逆もできます。例として、ドコモのアプリであれば、ドコモデータコピーが使えます。

ドコモデータコピーによる移行方法の手順はこんな感じです。

まず、iCloudの同期をオフに切り替えておきます。
連絡先の項目を探して切り替えの手順を済ませてください。
このアプリを使えば画像や動画、カレンダーのデータも移行できますので、連絡先と一緒に移行したいならそれぞれの項目もiCloudとの同期をオフにしておきます。
ドコモデータコピーはAppStoreからダウンロード可能です。
移行前のiphoneと移行先の機種の2台を用意します。
アプリを起動してそれぞれの機種でコピー元とコピー先の該当ボタンをタップしておきます。
QRコードが移行先の機種に表示されますので、コピー元のiphoneでQRコードを読み取ります。
移行するデータの中から連絡先である電話帳と、その他の移行したいデータにチェックすると、移行が自動的に実行されます。
データ移行完了の文字が画面に表示されたら終わりです。
iphoneからパソコンのitunesに保存し、itunesから移行先の機種に送る方法だと、まずiphoneとパソコンをUSBケーブルで繋いでitunesの画面操作でパソコンに一旦連絡先を保存します。
今度はパソコンと移行先の機種をUSBケーブルで繋ぎ、復元を押すと上書き保存されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です